【C#超入門】静的クラスで定数を定義する方法

C# 定数の定義

C#はC/C++と違って#defineプリプロセッサ ディレクティブを使って定数を定義することができません。

ただし、静的クラスを用いることで定数を定義することができます。

目次

静的クラスを使った定数の定義

それでは実際に静的クラスを使って定数を定義していきます。

staticを使ってConstValueというクラスを作成します。

定数を定義した静的クラスのサンプル

static class ConstValue
{
    public const int iValue = 100;
    public const double dValue = 1.23;
}

では実際にConstValueクラスにアクセスできるか検証していきます。

サンプルコード

using System;

namespace StaticConstClass
{
    static class ConstValue
    {
        public const int iValue = 100;
        public const double dValue = 1.23;
    }

    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine(ConstValue.iValue);
            Console.WriteLine(ConstValue.dValue);
        }
    }
}

実行結果

100
1.23

見事アクセスできました。

クラスを生成する手間はあるものの、C#でもdefineと同じように定数を扱えることが確認できました。

整数型(int、byteなど)を定義する場合は列挙体を使う

intbyteなどの整数型を定義する場合は列挙体を使いましょう。

整数型以外の定数を定義する場合は先程の静的クラスを使うといいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内の精密機器を作っている会社に勤務している14年目のエンジニアです。趣味は美味しいものを食べることとゴルフ。プログラムについて今まで学んだことをわかりやすく発信するサイトを目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる