【C#超入門】インクリメント・デクリメント

C# インクリメント・デクリメント

本日はC#のインクリメント・デクリメントを紹介していきます

目次
スポンサーリンク

インクリメント・デクリメントの種類

インクリメント・デクリメントの種類はこちら。4種類あってそれぞれ役割が異なります。++--を置いて上げることで1つずつ加算したり減産することができます。

演算子役割使用例
++x前置きインクリメントint a = 5;
int b = ++a;
x++後置きインクリメントint a = 5;
int b = a++;
–x前置きデクリメントint a = 5;
int b = –a;
x–後置きデクリメントint a = 5;
int b = a–;
インクリメント・デクリメントの種類

実際のコードで見ていきましょう。

サンプルコード

using System;

namespace Projects
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            // 変数の宣言
            int a = 10;
            int b = 0;

            // 前置きインクリメント
            a = 10;
            b = ++a;
            Console.WriteLine("前置きインクリメント:a={0}, b={1}", a, b);

            // 後置きインクリメント
            a = 10;
            b = a++;
            Console.WriteLine("後置きインクリメント:a={0}, b={1}", a, b);

            // 前置きデクリメント
            a = 10;
            b = --a;
            Console.WriteLine("前置きデクリメント:a={0}, b={1}", a, b);

            // 後置きデクリメント
            a = 10;
            b = a--;
            Console.WriteLine("後置きデクリメント:a={0}, b={1}", a, b);
        }
    }
}

実行結果

前置きインクリメント:a=11, b=11
前置きインクリメント:a=11, b=10
前置きデクリメント:a=9, b=9
前置きデクリメント:a=9, b=10
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内の精密機器を作っている会社に勤務している14年目のエンジニアです。趣味は美味しいものを食べることとゴルフ。プログラムについて今まで学んだことをわかりやすく発信するサイトを目指しています。

コメント

コメントする

目次